クラシックの宅録

クラシックの宅録は意外に難しい。小さなホールを借りて録音する理由がよく分かる。プラグインでの残響とは全く違うのです。また声量の幅もポップスとは全然違うので、なかなかPPのニュアンスが録音出来ない。皆んな苦労してるんだろうなぁ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です